五蘊皆空(ごうんかいくう)

2007年7月から始めた会社ブログを「五蘊皆空」に移しました。これからも徒然なるままに感じたことを月一のペースでアップしていく予定です。ちなみに五蘊皆空とはお釈迦様の悟りのエッセンスで「物や心は本来無い」というような意味。それを悟れば色々な苦しみから超越できますよ、とのことです。『般若心経』では「照見五蘊皆空 度一切苦厄」と記されています。【2011年11月】

家康くん 【2011.06.24】

浜松市は来る7月1日に市制100周年を迎えます。それを記念したマスコットキャラクターに、うなぎのちょんまげ、みかんの家紋付き羽織、鍵盤模様の袴と浜松名産で身を固めた「出世大名家康くん」が選ばれました。

当の家康くんは、1568年に女城主の曳馬城を攻め落として、2年後に岡崎から浜松(曳馬を改名)へ移り、17年の間浜松城を本拠地としていました。その後駿府を経由して江戸へ移り、1603年に征夷大将軍になり、彼の開いた徳川幕府は明治維新まで265年間続きました。

応仁の乱から100年以上も続いた戦国時代に終止符を打とうとした織田信長は本能寺の変で家臣の明智光秀に討たれ、その光秀を倒した豊臣秀吉は天下統一を果たしたものの、豊臣家は大坂夏の陣で徳川幕府軍によって滅ぼされました。

信長も秀吉も権力を私物化して慢心したことが命取りになったようです。おごれる者は久しからず、か。その点家康は「毛利、島津などの西国の外様大名は油断がならぬ。死後も睨みをきかすために私の像を西方に向けて建てよ」と遺言したと伝えられているように最後まで慢心しませんでした。浜松城公園の家康くんは若き日の像のせいか南を向いていますが。

スポンサーサイト
  1. 2011/11/30(水) 20:16:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<硫黄島 【2011.07.29】 | ホーム | 脱原発 【2011.05.27】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikumas968.blog.fc2.com/tb.php/49-266c76cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)