五蘊皆空(ごうんかいくう)

2007年7月から始めた会社ブログを「五蘊皆空」に移しました。これからも徒然なるままに感じたことを月一のペースでアップしていく予定です。ちなみに五蘊皆空とはお釈迦様の悟りのエッセンスで「物や心は本来無い」というような意味。それを悟れば色々な苦しみから超越できますよ、とのことです。『般若心経』では「照見五蘊皆空 度一切苦厄」と記されています。【2011年11月】

ミネルヴァの梟 【2010.11.30】

ギリシャ神話に登場する都アテネの守護神アテナは梟(ふくろう)を知恵の使者として重用していました。古代ギリシャの代表的なコインは表に女神アテナが、裏に梟が描かれています。

アテナの梟は黄昏に飛び立ってアテネの町の出来事などその日一日の情報を収集してアテナに報告するのが日課だったようです。アテナはその情報に基づいて翌日の計画や戦略を練ったものと思われます。

ヘーゲルの『法哲学』の序文に「ミネルヴァの梟は黄昏に飛び立つ」という有名な言葉が出てきますが、ミネルヴァはアテナのローマ神話での呼び名です。一日が暮れて初めてその日のことがミネルヴァの梟によってもたらされるように、ある時代が暮れて初めてその時代がどんな時代であったかが哲学者によってもたらされる、とヘーゲルは言いたかったようです。

今年もあと一ヶ月で暮れようとしていますが、今年がどんな年であったか、財政危機で揺れたギリシャはどうなっているか、ミネルヴァの梟に尋ねてみたいですね。

スポンサーサイト
  1. 2011/11/29(火) 21:51:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「漏」 【2010.12.17】 | ホーム | 暴れ天竜 【2010.10.29】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikumas968.blog.fc2.com/tb.php/42-2ca057fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)