五蘊皆空(ごうんかいくう)

2007年7月から始めた会社ブログを「五蘊皆空」に移しました。これからも徒然なるままに感じたことを月一のペースでアップしていく予定です。ちなみに五蘊皆空とはお釈迦様の悟りのエッセンスで「物や心は本来無い」というような意味。それを悟れば色々な苦しみから超越できますよ、とのことです。『般若心経』では「照見五蘊皆空 度一切苦厄」と記されています。【2011年11月】

6月みそか 【2016.7.29】

日本書紀によれば、神武天皇は皇紀元年(BC 660年)52歳の時に橿原宮で即位し、皇紀76年(BC 585年)127歳で崩御しました。今年は神武天皇没後2600年にあたり、天皇皇后両陛下は4月に、皇太子ご一家は7月に、それぞれ奈良県橿原市の神武天皇山陵を参拝されました。

それにしても神武天皇の127歳という年齢は常識的でなく、さらに16代仁徳天皇までのうち12天皇が100歳を超えています。このことから、日本書紀では、ある代までの天皇は1年に2回年を取るという「二倍年暦」が使われていた、という仮説が複数の歴史家から出されています。

今でも神社の大祓いの儀式は6月晦日と12月晦日に行われますが、これは「二倍年暦」の名残ではないかとのことです。また、昨年天皇皇后両陛下が戦没者慰霊のために訪問したパラオには、「年をRakと呼びRakは6カ月から成っていてRakが二度めぐって完全な1年をなす」という二倍年暦がありました。(土方久功著作集1「パラオの社会と生活」)

ちなみに、日本書紀と古事記での年齢乖離がほぼなくなる、20代安康天皇(AD 456年没)あたりまで「二倍年暦」が続いていたとすると、神武天皇はBC 103年ごろ26歳で即位し、BC 65年ごろ64歳で崩御したことになります。

スポンサーサイト
  1. 2016/07/29(金) 17:50:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<改憲勢力 【2016.8.24】 | ホーム | 9条の根源 【2016.6.24】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikumas968.blog.fc2.com/tb.php/112-e2ac9866
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)