五蘊皆空(ごうんかいくう)

2007年7月から始めた会社ブログを「五蘊皆空」に移しました。これからも徒然なるままに感じたことを月一のペースでアップしていく予定です。ちなみに五蘊皆空とはお釈迦様の悟りのエッセンスで「物や心は本来無い」というような意味。それを悟れば色々な苦しみから超越できますよ、とのことです。『般若心経』では「照見五蘊皆空 度一切苦厄」と記されています。【2011年11月】

元号 【2017.08.30】

今上天皇の生前退位が来年末に実現すると来年で「平成」は終わり、元号法に基づいて2019年1月1日から新しい元号に変わることになります。元号法は1979年に制定され「元号は皇位の継承があった場合に限り改める」という簡単な内容で、最も条文の短い法律だそうです。当然、公文書で元号を使用する義務は記されていませんが、政府・地方公共団体の公文書はもっぱら元号が用いられています。

例外は特許庁です。国際化に対応するために、2000年から特許番号を元号表示から西暦表示に変えました。例えば平成11年の最後に公開された特許は特開平11-356100ですが、次の特許は特開2000-000001、最新の特許は特開2017-147938です。西暦表示に変わったため、外国特許との年代比較が実に楽になりました。

日常生活でも明治、大正、昭和、平成などを西暦に換算するのは面倒この上ないことです。再来年の元号変更を機に、特許庁に倣って他の官庁なども西暦表示に変えてほしいと思います。

一方、西暦はデジタルそのものですが、元号はアナログ的な要素も含んでいて、例えば明治維新、大正デモクラシー、昭和新山、平成の大合併など、西暦では表現できない良さを持っています。要は両者をうまく使い分けることが肝心かなと思う次第です。

スポンサーサイト
  1. 2017/08/30(水) 09:48:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0