FC2ブログ

五蘊皆空(ごうんかいくう)

2007年7月から始めた会社ブログを「五蘊皆空」に移しました。これからも徒然なるままに感じたことを月一のペースでアップしていく予定です。ちなみに五蘊皆空とはお釈迦様の悟りのエッセンスで「物や心は本来無い」というような意味。それを悟れば色々な苦しみから超越できますよ、とのことです。『般若心経』には「照見五蘊皆空 度一切苦厄」と記されています。【2011年11月】

ブルーライト ヨコハマ 【2021.03.16】

浜松の繁華街・肴町のある居酒屋にて。ゴルフ教室の先生1人と私を含む生徒約10人の忘年会。

話す順番が来て、今年は初孫が生まれてお爺さんになりましたと挨拶したら、ある生徒が「お名前は?」ときいたので「あかり」と答えました。すると別の生徒が、突然「ブルーライト ヨコハマ」を歌い始めました。それにつられてみんなも一緒に歌い出しました。♪街のあかりがとてもきれいね ヨコハマ ブルーライト ヨコハマ・・・。

その孫は来月高校二年生になります。コロナ禍の昨今ではありそうもない、なつかしい光景でした。

スポンサーサイト



  1. 2021/03/16(火) 14:24:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

モーリシャスの春節 【2021.02.27】

春節、中国正月、旧正月などと呼ばれる旧暦1月1日は、立春に最も近い新月の日で今年は2月12日でした。中国、香港、台湾、シンガポール、マレーシアなどの中国文化圏では、春節は祝日で新暦の正月よりずっと盛大に祝います。

中国では例年、春節の大型連休に延べ30億人が移動しますが、今年は政府が新型コロナウイルス対策のために帰省や旅行の自粛を強く要請したことが響いて、移動人数は例年の約1/3に減ったそうです。

シンガポールに赴任していた20年以上も前のことですが、春節の連休を利用してモーリシャスに行ったことがあります。アフリカ大陸の東側のインド洋に浮かぶ小さな島国で、モーリシャスブルーと呼ばれる澄んだ青い海と、一面に広がるサトウキビ畑が印象的でした。そして驚いたことに、モーリシャスでも春節は祝日でした。シンガポールと同じように、赤い提灯や新年の挨拶の「恭喜發財」(おめでとう、お金貯まるといいね)などと書かれた幟で飾られた街中は大変賑わっていました。

昨年夏モーリシャス沖で日本の貨物船が座礁し、流出した重油が沿岸の環境や漁業に深刻な影響を与えました。重油汚染と新型コロナウイルスで二重の打撃を受けたモーリシャスですが、最近やっとこの二つを克服する目処が立ち、観光客は少ないものの賑やかな春節を迎えたそうで、ホッとしました。

  1. 2021/02/27(土) 16:40:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新型コロナウイルス(4) 【2021.01.24】

コロナパンデミックは英国型変異種が暴れ出したこともあってまだ収まる気配がありません。札幌医大のデータによると、1月22日現在の人口100万人当りの死者数は、英1420、伊1400、米1250、印110、日39、中3.3でアジアは欧米に比べて桁違いに少なく、また欧米・日の死者数が増加傾向にあるのに対し印・中は横ばい状態です。

1月20日北京で英国型変異種が2人から確認され、中国当局は直ちに約200万人のPCR検査に着手し、北京の一部を封鎖して自宅待機させています。

一方私の住む静岡県でも英国型変異種が3人から確認され、1月19日県知事が「感染拡大緊急警報」を出し、同居の家族以外との会食の回避、不要不急の外出の自粛など従来の対策のさらなる徹底を呼び掛けました。

日・中のこうした対策の違いが上述の死者数やその増加傾向の違いに表れていますが、日本は中国のような対策を打たなくても、死者数が欧米の約30分の1であることがせめてもの救いです。私は「緊急警報」が出ても毎日のようにテニスクラブに通っていますが、北京だったら即逮捕かも。

  1. 2021/01/24(日) 09:57:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生きている証 【2020.12.26】

今年の暮れはコロナ禍ですべての忘年会が中止になり、おかげで年賀状が例年より早く仕上がりました。

今年の正月に貰った年賀状、去年の暮れと今年の暮れに貰った喪中ハガキを整理して、差出人を「あいうえお」順に並び変えて、それを見ながら「筆ぐるめ」で宛先を新しい年賀状に順次印刷しました。

新しい年賀状の本文は先月のブログ「任命拒否」をほぼそのまま印刷し、一部の人には万年筆で一言コメントを加えました。「お元気ですか?」には「元気にテニスしています」などと一年越しの返事をしました。

最近「高齢につき来年から年賀の挨拶を欠礼させて頂きます」との文を添えた賀状がしばしば届くようになりましたが、私は「生きている証」としてこれからも年賀状を出していきたいと思っています。良い年末年始を!

参考) 年賀状 【2012.01.16】

  1. 2020/12/26(土) 20:02:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

任命拒否 【2020.11.25】

日本学術会議が推薦した新会員105人のうち人文・社会科学系の6人を、新任早々の菅総理が問答無用で任命拒否したことが波紋を呼んでいます。

任命拒否された6人は宇野重規東大教授、岡田正則早大教授、小沢隆一慈恵医大教授、加藤陽子東大教授、松宮孝明立命館大教授および芦名定道京大教授で、菅総理の官房長官時代に政府に批判的な態度をとった学者たちだと言われています。

京大前総長で日本学術会議前会長の山極寿一氏は「任命しないのは日本学術会議法に違反するし、理由を述べないのは民主主義に反する。国の最高権力者が『意に沿わないものは理由なく切る』と言い出したら、着実に全体主義国家への階段を上って行くことになる」と強く警鐘を鳴らしています。1)

昭和初期から太平洋戦争が終わるまでの日本は、政府に反対する言論・思想・学問などが徹底的に弾圧された全体主義国家で、正に焚書坑儒の時代でした。そういう時代に逆戻りさせないように、皆で力を合わせて民主主義国家・日本を守っていきたいですね。

1) 2020年10月22日、朝日新聞朝刊

【追記】
あのことを 許したのが すべてのはじまりと われら悔ゆべし 遠からぬ日に (永田和宏、2021元旦、朝日新聞朝刊)
寒中や 六人は未だ 贄のまま (小島福節、2021.1.27、朝日新聞朝刊)

  1. 2020/11/25(水) 13:50:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ